敏感肌向けの基礎化粧品をランキング形式でご紹介しています。ただ単に肌に優しいというだけではなく、敏感肌を根本からケアできる成分が配合されているものを厳選しました。これまで肌に合う化粧品が見つけられなかった方や、普通の化粧品だと肌にしみるという方は、参考にしていただければと思います。

敏感肌向けの基礎化粧品の選び方をご紹介します!

敏感肌向け基礎化粧品選び3つのポイント
抗炎症成分が配合されているもの
敏感肌のケアで最も欠かせないのが、肌の炎症を抑えるケアです。敏感肌の症状の根源となっているが肌の炎症なので、できる限り素早く炎症を抑えることが重要です。抗炎症成分がしっかりと配合されているものを選びましょう。
肌のバリア機能を引き上げてくれるもの
敏感肌の方は肌のバリア機能が低下していることが多いです。肌のバリア機能が低下すると、刺激を受けやすくなるだけでなく、肌の老化を招いてしまうので、早期にバリア機能を高めるケアが必須となります。
皮膚科医によって安全性が認められているもの
低刺激な成分を使用しているというだけでは、敏感肌にとって安全とは言い切れません。皮膚科医によってしっかりと安全性が確認されているものを選ぶということが重要となります。

敏感肌向けの基礎化粧品おすすめランキング

アヤナス
肌の炎症を抑えるために、2つの抗炎症成分「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」が配合されています。また、肌のバリア機能を引き上げるために「ヒト型ナノセラミド」と「ヴァイタサイクルヴェール」が配合されています。さらに、安全性を確認するために、皮膚科医によるモニターテストが行われているので、とても安心できるところが魅力となっています。
抗炎症成分:◎ バリア機能引き上げ:◎ 皮膚科医:◎
コラージュ
持田製薬グループの持田ヘルスケアが開発した化粧品です。皮膚科医によるモニターテストは行われていませんが、製薬会社の基準で製造されているので、安全性には期待が持てます。炎症を抑える「トラネキサム酸」や肌のバリア機能を引き上げてくれる「3種のセラミド」が配合されているので、敏感肌のケアにぴったりです。
抗炎症成分:◎ バリア機能引き上げ:◎ 皮膚科医:△
ライスフォース
肌の炎症を抑えるために、有効成分「グリチルリチン酸2K」が配合されています。また、肌のバリア機能を高めるために欠かせないセラミドの生成をサポートする成分が配合されているところがポイントとなっています。浸透力の高い成分を配合しているところも高く評価できます。
抗炎症成分:○ バリア機能引き上げ:◎ 皮膚科医:×
米肌
肌のバリア機能を高めるのに必須となるセラミドを作る「ライスパワーエキスNo.11」を配合した化粧品です。鉱物油フリー・無香料・無着色・石油系界面活性剤フリー・弱酸性・アレルギーテスト済みとなっており、肌にとても優しい処方となっているので、敏感肌の方におすすめできます。
抗炎症成分:△ バリア機能引き上げ:◎ 皮膚科医:×
オラクル
植物から抽出したエキスだけを使用して作られた完全無添加の化粧品です。刺激のある成分は一切配合されていないので、肌が弱い敏感肌の方にもおすすめできます。炎症を抑える植物エキスや肌のバリア機能を高めてくれる植物エキスが配合されているので、敏感肌でお悩みの方にぴったりです。
抗炎症成分:○ バリア機能引き上げ:○ 皮膚科医:×

敏感肌に最もふさわしい基礎化粧品はこちら!

敏感肌に最も適している基礎化粧品は「アヤナス」です!
2つの抗炎症成分で素早くケア
⇒ 敏感肌の症状の原因となっている肌の炎症を素早くケアしてくれる2つの抗炎症成分「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」が配合されています。2つの抗炎症成分によって、炎症を効率よくケアできるところが魅力となっています。
バリア機能を引き上げる2つの成分を配合
⇒ 肌のバリア機能を高めるために必須となる「ヒト型ナノセラミド」を高濃度で配合しています。また、外的刺激から物理的に肌を守ってくれる特許成分「ヴァイタサイクルヴェール」を配合することによって、バリア機能をしっかりと引き上げることができます。
皮膚科医によってモニターテストが行われている
⇒ 皮膚科医がモニターテストに参加し、敏感肌の症状でお悩みの方が使用しても安全なことを確認しています。皮膚科医によって安全性がしっかりと認められているので、敏感肌の方は安心して使うことができます。

皮膚科医によるモニターテストを行っているのは敏感肌専門ブランドの「アヤナス」だけ!